ちるさん 30歳

油断していたというほかありません。結婚指輪を選びにいったとき、恥ずかしい思いをしました。視力が徐々に落ちてきた20代後半から、脱毛に関する意識は若い頃にくらべて格段に落ちていて、特に指の毛は細かくてあまりよく見えなかったので、放置していました。ところが、指輪のお店は当然ながら指に注目します。サイズを測るあいだ、指輪のデザインを選ぶあいだ…旦那と店員さんの目線が、指輪をはめた私の指に注がれました。しかも、指輪がよく見えるようにするためか、店内は照明もバッチリ。細いながらも長く伸びきった毛が目立ちまくりました。店員さんが離籍したとき、こっそり爪先で毛をひっぱってみましたが、中途半端に抜けて赤くなり、かえって目立つ状態になってしまいました。

すかさん 20歳

Tシャツを着ていても見えてしまってることに気づきました。 少し大きめのTシャツを着ていて、だから脇毛は見えてないだろうと思っていました、ですが少し大きいので、腕を肩ぐらいに上がると隙間から見えるのです。仕事場でもう完全に見えてきたこと気づいた矢先に
女性の方からも目線が脇に行っていて、とても恥ずかしく思いました。あとから家に帰って確認すると家族からも見えてると言われ、すごく笑われました。最近になって気づいたので毎年凄かったんだと自分でも後悔してます。もうこれからは 脇が見えないからだと油断することをやめました。