ちるさん 30歳

油断していたというほかありません。結婚指輪を選びにいったとき、恥ずかしい思いをしました。視力が徐々に落ちてきた20代後半から、脱毛に関する意識は若い頃にくらべて格段に落ちていて、特に指の毛は細かくてあまりよく見えなかったので、放置していました。ところが、指輪のお店は当然ながら指に注目します。サイズを測るあいだ、指輪のデザインを選ぶあいだ…旦那と店員さんの目線が、指輪をはめた私の指に注がれました。しかも、指輪がよく見えるようにするためか、店内は照明もバッチリ。細いながらも長く伸びきった毛が目立ちまくりました。店員さんが離籍したとき、こっそり爪先で毛をひっぱってみましたが、中途半端に抜けて赤くなり、かえって目立つ状態になってしまいました。